男性

不眠症の原因追求|ぐっすり眠って翌朝に快調宣言

眠れないのは病気かも

女性

眠れないままだと問題あり

不眠症は多くの人に耳なじみのある病名ですが、日本では実に5人に1人がこの不眠症の疑いがあるとされています。不眠症は年齢を重ねるとともに患者が増え、高齢になるほど多くなります。性別で区別すれば、女性のほうが多くみられます。不眠症とされる症状には、いくつかの種類があります。夜になってもなかなか寝付けない、夜間眠ったはずなのに熟睡した感じになれない、起床したい時間の数時間前に目が覚めてそれきり眠れない、といったようなものです。これらによる睡眠不足が重なると、日中に眠気を感じたり疲労感が抜けないままとなり、活動力や注意力の低下といった事態を招きます。仕事や家庭でも不都合が生じかねませんので、最近眠れていないという日がつづくようでしたら、医師の診察を受けるようにしましょう。

眠れる日々を取り戻そう

この不眠症となる原因ですが、主には心理的な要因が大きいとされています。眠るときには副交感神経がはたらき、心身を鎮静化させて睡眠状態へと導きます。ところが、不眠を抱える場合にはその副交感神経ではなく交感神経が優位に立ったままで、日中のような活動的な精神状態となっているために、眠れない状態がつづいているのです。そのため、不眠症を改善させるには、心身がリラックスできるような状態を作り出す必要があります。症状が酷い場合には医師により薬剤の処方やストレスケアを施してもらい、また自分でも日中感情を荒げすぎないように努め、また眠る前には十分にリラックスできる環境をつくるように心がけるとより効果的です。しっかりと湯船に浸かる入浴や、アロマテラピー、ほどほどのストレッチ等、自分に合っていると感じられる方法を探してみましょう。

心の変化を受けとめる

診察

女性にとって妊娠・出産は、体にも心にも変化が訪れる時期です。自分自身のさまざまな変化に驚くことは少なくありません。大切なのは完璧や求めすぎて自分自身を追い込んでしまわないように注意することです。神奈川県ではさまざまな場所にカウンセリングが設けられているため、上手に利用することが大切です。

誰にでも起こり得る心の病

医師

様々な問題が将来の不安を抱かせる現代では、ストレスなどによる心の病への心配は今後も増える可能性があると言えます。心の病を発症した場合は心療内科などでの治療などが人気の一つと言え、東京などのストレスの多い都市では特に心のケアを検討すると良いでしょう。

クリニックの豆知識と特徴

診察

名古屋でカウンセリングを利用するなら最寄駅から近いクリニックが良く、体の負担を軽減する事ができます。治療の特徴は個人経営と大病院では異なるため、どの様な治療を受けたいのか明確にして判断する事が大切です。